投稿

軍資金つき取引口座でFXを始めよう♪ 海外FX口座開設のススメとポイントまとめ

イメージ
FXをはじめるなら、まずは、軍資金付きの取引口座を作りませんか?



最近は、数ステップの簡単かつ無料で口座開設できます。

もれなく、軍資金(口座開設ボーナス)がついてくるのも当たり前の時代です。

▶ 口座開設ボーナス (未入金ボーナス)
簡単な3ステップの口座開設の流れをご紹介します。

気軽にFX口座を作ってみましょう

※口座開設は簡単ですが、利用規約や重要事項説明書は読みましょう。

STEP1 FX会社とアカウントのタイプを選択
はじめに、FX会社と取引口座を選びます。



ポイント① オススメは、ランキング上位のFX会社のスタンダード口座
みんなで海外FXで人気のFX会社を見て、スタンダード口座(通常口座、一番普通の口座)を選ぶのが無難です。

▶ 海外FX会社人気ランキング
ポイント② 最初の入金額は、5万円~25万円程度がオススメ
もし、軍資金(口座開設ボーナス)が尽きてしまったら、5万円~25万円を目安に取引資金を用意しましょう。

数万円の資金が入った取引口座で、0.01ロットのいわゆるマイクロ取引ポジションであれば、通常の市場環境で瞬殺されることは早々にありません。(絶対ではありません)

STEP2 個人情報の登録
個人情報は、正確な情報をご入力ください。

ポイント③ FX会社によりけりですが、銀行口座の預金等の入力が必要
銀行口座も正確な情報でなければ、出金できないトラブルになることがあります。ご注意ください。

STEP3 アカウントのアクティベート
口座の有効化(アクティベート)が完了すると、軍資金(口座開設ボーナス)が受け取れます。

ポイント④ アクティベートが完了したら、メールが届くのが一般的なフロー
口座の有効化が完了してメールが届いたら、取引口座にログインして、どこから手をつけるか検討しましょう。



口座開設ボーナスが受け取れる口座の一覧は、次のリンク先でご確認ください。

▶ 口座開設ボーナス (未入金ボーナス)

FBSのマーケットアナリティクスを利用しよう

イメージ
「日本語でガチな市況分析を配信してほしい😕」

FBSが、みんなで海外FXのトレーダーから届いたこのリクエストに答えてくれました。



▶ FBS 公式サイト
シン・カミムラ氏の丁寧なテクニカル分析

「FBSの市場分析」は、毎日更新・配信されるFBSのマーケットレポートです。

▶ FBS 市場分析
ドル円のアナリティクスを日本語で
もちろん、執筆するのは日本語ネイティブの選任アナリスト。

選任アナリスト「シン・カミムラ氏」が、必要に応じた振り返りとテクニカル分析を行います。

現在、平日の分析は「ドル円」を中心に解説中です📈

週間マーケットでファンダメンタルも

週の終わりには、週間マーケットレポートもお届け📣

週初めのファンダメンタル確認、週終わりの振り返りなどに活用してください。

日々配信される市況分析は、もちろん無料で利用いただけます。

無料ですが、FBSはやるからには有料コンテンツ以上の本格的な分析内容をお約束します👍


▶ FBS 市場分析
今日の相場観に迷ったら、ぜひ、「FBSの市場分析」を見てください。

有料コンテンツを超える無料&最新の市況分析で、勝ちにいきましょう!

ミルトン・マーケットの親会社 Gallant capital marketsが米国で破産申請

イメージ
Gallant capital markets (ギャラント・キャピタル・マーケット)が米国で破産申請したとのことです。(LeapRateの報道)


画像は、公式サイト(http://gcmfx.com/)のスクリーンショットです。
関連会社 Milton Markets への影響
公開されてる情報によれば、Gallant capital marketsは、日本人向けに活動しているMilton Markets(ミルトン・マーケット)の親会社にあたります。

そのため、Gallant capital marketsの破産は、Milton Marketsへの影響が予想されます。

しかし、この件について既にお問い合わせいただいておりますが、Milton Marketsについて、みんなで海外FXでは、当初より掲載をお断りしております。この件について適切な情報を回答できません。ご了承ください。

▶ みんなで海外FX

2017年3月のTradersTrustのCySECライセンス問題の詳細 - CySECライセンス停止後、復活?

イメージ
2017年4月の第1週、根強い人気のTradesTrust (トレーダーズ・トラスト)が、一時、キプロスCySECから追い出されるというニュースが話題になっていました。

▶ Traders Trustの会社概要
※第1報は、海外ニュースサイトファイナンス・マグネーツが報じました。(英語です。)

正確には、キプロスCySECのライセンスを一時的に失っていたのは、TradersTrustではなく、運営会社のTTCMとなります。

現在は、キプロスCySECのライセンス停止は取り下げられ回復しています。

※2017年3月17日決定 → 2017年4月3日再認可

キプロスCySECによる公式声明は以下よりご確認ください。(英語です。)


▶ 3 April 2017 CYSEC Decision
TTCMのライセンスが剥奪された理由
今回、TradersTrustの運営会社TTCMがライセンス剥奪については、ヨーロッパで定められている自己資本被規制比率の条件を満たしていなかったためと、キプロスCySECより公表されています。
※詳細は、海外ニュースサイトHercules Finance  - Traders Trust’s CySEC license gets ...に掲載されています。(英語です。)
しかし、キプロスCySECの2017年3月のライセンス停止を決定した後、TTCMは、定められた自己資本規制比率の水準を満たしたことにより、再度ライセンスの適用となったようです。

今回のTTCMの件を探っていくと、一緒にバイナリー・オプション (BO)関連のブランドもまとめてEUのライセンスが停止されたと話題になっていますが、TTCMとBOの規制強化は別件で、たまたま同じタイミングだったようです。


2017年3月 海外FX各社がビットコイン入出金導入開始 - リスクを学んで、しっかり使いこなそう

イメージ
今週、2017年3月、とうとうXMがビットコイン入出金を導入しました。

▶ XMがビットコイン入出金を導入 - みんなで海外FX ニュース
3月初旬には、TitanFX (タイタンFX)がすでに導入を始めていました。
もう少しするとIronFX (アイアンFX)でもビットコイン入出金の対応が始まります。



2016年のNeteller (ネッテラー)のサービス撤退以後、海外FX口座では決め手となる入出金ツールがなく、トレーダーは非常に肩身の狭い思いをしてきました。

今度のビットコイン入出金導入が、これから一時はそうした穴を埋めてくれそうです。

ビットコインの入出金には、ビットコイン対応のウォレットが必要です。

次のリンク先で日本語対応のサービスを選んでいただくと問題ありません。


▶ ビットコイン対応サービス一覧
※リンク先では、暗号通貨取引所となっていますが、ビットコイン取引所、販売所、ウォレットと、ここではおおよそ同じ意味です。
当のビットコインは、分裂騒動により価格が値崩れ
しかし、当のビットコインですが、いわゆるハードフォーク問題と呼ばれる話題があり、「ビットコイン・コア(bitcoincore)」と「ビットコインアン・リミテッド(unlimited)」というものに分裂するのではないかと言われています。 (2017年3月)

分裂騒動の他にも米国でのETF認可否決(要は、米国は金融商品として認めなかった)など、2017年初頭だけでもネガティブな話題が山ほどあり、2017年2月には1ビットコイン20万円に到達するとも言われていたにもかかわらず、2017年3月現在は1ビットコイン10万円を割るかどうかという状況です。



画像は、coincheckのTradeviewにて、BTC/JPY日足です。半月でビットコイン価格は30%超も下落しています。

ビットコインは、所詮、相場商品
上記画像の最高値が、1ビットコイン15万円ほどだったものが、そこ数日で1ビットコイン10万円まで大暴落しています。

FXや株であれば笑うしかないほどの相場商品です。

ビットコインを持つこと自体が、博打であるということを忘れないでください。

ビットコイン入出金対応は基本的に日本人のため
今回、ビットコインが海外FX口座の入出金手段として実用性が高いため注目されていますが、そもそも海外FX口座の入出金で苦労…

ネッテラー (Neteller)の維持費・管理費について

イメージ
ここ最近、Neteller (ネッテラー)の維持費や休眠口座の管理費について、いくつかご質問をいただいています。



ご質問の内容や頂いた情報からすると、いくつかのユーザーには、Neteller (ネッテラー)の規約が更新され、昨年2016年のサービス縮小から半年たって管理費発生について通知がされているようです。

今回の件につきましては、申し訳ないことに、みんなで海外FXスタッフが日本在住でなかったりNeteller (ネッテラー)から資金を全額退避していたりと、ご質問いただいている方々と状況が同じではなく、Neteller (ネッテラー)に関する新しい情報をお届けできません。

今回は、過去(まだネッテラーが十分に利用できた頃)の質問と、その際の回答をご紹介します。

▶ NETELLERを利用しない場合の管理費について
リンク先はみんなで海外FXのFAQです。

週末におススメのファイナンス映画!まじめなトップ10!

イメージ
マーケットがお休みの週末は、今週の結果を振り替えり分析をするのも大切ですが、トレーダー自身も少しお休みをとるべき時です。





いい週末にはいい映画。必須ですよね。

ここでは、トレーダーの週末にぴったりな金融取引をテーマにしたコアな名作映画をご紹介します。


※以下は、結構まじめなセレクションです。ご了承ください。

おススメのファイナンス映画トップ10
1.マージンコール(2011年 / 原題:Margin Call)
☞ Amazon.co.jp: マージンコール

レバレッジをはるかに超える取引を抱えてしまったとき、何が起きるのか?



マージン・コールは、リーマンショックの原因を生み出したリーマンブラザーズを題材に、現代世界覆う金融システムのもろさを描いた映画です。


2. ウォール街(1987年 / 原題:Wall Street)
☞ Amazon.co.jp: ウォール街



ウォール街は、少し昔の映画ですが、現代でもカルト的な人気を誇るファイナンス・ドラマです。

「君の疑問に答えるには3語で十分だ」
有名な「君の疑問に答えるには3語で十分だ」というフレーズは、この映画から生まれました。


3. Trader (1987年)
☞ Amazon.co.jp: マーケットの魔術師 - 米トップトレーダーが語る成功の秘訣

伝説的なヘッジファンドマネージャーのPaul Tudor Jones (ポール・チューダー・ジョーンズ)に関するドキュメンタリーです。

若かりし頃のポールは、1987年に起きたマーケットの崩壊を予測していました。

※日本での配給が無いようで、動画等も見つかりませんでした。代わりに、ポール・チューダー・ジョーンズ氏のTEDでの講演をリンクしておきます。

▶ TED 「私たちが資本主義を見直すべき理由」 ポール・チューダー・ジョーンズ


4. 大逆転 (1983年 / 原題: Trading Places)
☞ Amazon.co.jp: 大逆転

ウォール・ストリートを題材にした映画は、いつでもシリアスなサスペンスモノですが、この映画「大逆転」は違います。

ウォール・ストリートを舞台としたコメディをお楽しみください。



5. Floored (2009年)

シカゴを舞台に、トレーディングフロアの人々とその人々を取り巻くビジネスのドキュメンタリーです。

※残念ですが、日本では配給が無い…